前へ
次へ

不動産投資は狙いがいくつかある

不動産投資でキャピタルゲインを狙うとはいったいどのようなことであるのかと言いますと簡単に言えば安い値段で購入した保有している物件を価値が高くなった時に売却して得る利益となります。例えば2千万円で手に入れた物件を3千万円で売った場合は諸々の諸経費などは度外視するとして1千万円の利益となるのです。不動産投資でこういうことを狙うというのは相当な玄人でなければ難しいと言えるでしょう。要するに物件の価値が上がるとか土地の価値が上がるというようなものを狙わなければならないのではっきり言って素人には無理です。ですから、一般人が不動産投資で利益を得ようとする場合はインカムゲインを狙うことになります。これは要するに家賃、地代収入となります。人に貸すということによって利益を出すというのが一般的になりますので少しでも借りる人が多そうなところを選ぶことになるでしょう。しかし、そうしたところは基本的に地価が高いことでしょう。

Page Top