前へ
次へ

マンションの一室を使う不動産投資

分譲マンションを住居用として購入したものの転勤などですぐに使えなくなることがあります。転勤をして一生その地に戻って来ないなら売却をして転勤先で住居を探せばいいでしょう。でも会社の意向で数年後にはまた戻ってくる可能性があるとなると住まないながらも保有しておいた方が良いかもしれません。となると転勤中にその部屋をどうするかです。知り合いなどに住んでもらうことも考えるでしょうが、あまり賃料などを得られないかもしれません。実はマンションの一室を購入して行う不動産投資があり比較的利用されています。転勤などで一時的に利用しないなら定期の賃貸として貸し出すことができ、一般の借主を募集して賃料を得ることができます。その賃料で住宅ローンを返済できるかもしれません。一方最初から不動産投資目的で一室を購入して他人に貸すケースもあります。別途住宅を保有している人が将来住むかもしれないし住まないかもしれない状態で貸し出し賃料を得ます。

Page Top