前へ
次へ

学生マンションへの不動産投資の注意

アパートなどの不動産投資をするときは空室率を下げる努力が必要です。いろいろな立地に置いて空室率は異なりますが、比較的安定して経営ができるのが学生向けアパートやマンションでしょう。基本的には周辺に大学などの学校があるか、最寄り駅などがあるかがキーポイントになります。一度学生で満室になるとそれ以降は業者も紹介しやすくなるのか卒業後にすぐに次の入学者が決まるなど空室率は低くなります。しかし全くリスクがないわけではありません。現在の大学は全入時代と言われ、有名大学においてもいろいろと改革が求められています。となると中堅やそれ以下の大学となると将来的に存続してくれるのかどうかが問題になります。学生マンションは学生がいてやっと成り立つので、移転で学生がいなくなれば一気に空室率が高くなり不動産収入も落ちてしまうでしょう。新規に投資するなら大学の経営状況や評判、移転の情報などがないかを確認しましょう。校舎の古い学校などの近くは注意が必要でしょう。

Page Top