前へ
次へ

不動産投資のテクニック、借り手の立場で考えて

不動産投資を行う場合は、物件の住みやすさは大切でありますが、最も大切なのは借り手の立場になって考える姿です。不動産投資を行う人の中には、自分自身の価値観だけで考えてしまう人もいるでしょう。いざ始めてみれば、誰も借り手が現れず、失敗に陥ってしまいかねません。人気のある都心の物件が見つかるのが望ましくありますが、必ず手に入れる物でもないでしょう。人は、主要駅から自転車で10分ほどであれば、それほど遠くは感じません。その間にはスーパーなどの、商業施設がある場合もあり、割と便利だと感じる場合もあります。10分ほど離れた場所であれば、地域によっては、マンションを売り出している場合もあり、不動産投資を行いやすい場所でもあるでしょう。交通に不便であっても、それほど多くマンションが立ち並んでいない住宅地も狙い目です。不動産投資を行う狙い目の理由は、子供の中には両親から離れて暮らすのに抵抗感があり、近くのマンションに住居を構える一定の需要もあるためです。

Page Top