前へ
次へ

不動産投資における居抜き物件の中身を知る

飲食店の経営には興味があるが自分で食事の提供をしたり店の切り盛りをしたくない人はいるでしょう。つまりはオーナーとして店を保有しながらお店を任せられる店長を雇ってお店の経営をしてもらおうと考えます。このときはそのお店を運営するためのお店を借りて店の内装などの準備、飲食店なら食材などの材料の仕入れなども必要になるのでしょう。このときの不動産への投資においてはいかに経費を抑えて経営を店長に経営をしてもらうかを考えなくてはいけません。不動産会社に物件探しを依頼する時には居抜き物件がないか相談すると良いでしょう。通常店舗向けの貸し物件は原状回復をして退居するので、新たに借りる時は一から内装工事をしなければいけません。居抜きは以前の借主が原状回復をせず、さらに一部設備を残したまま退居してくれていてそのまま使えます。内装工事や設備を購入する費用が抑えられるので、投資に関する初期費用を抑えられるでしょう。居抜きを専門に扱っている業者もあるので探してもらうと良いでしょう。

Page Top